SoBiC-PRO

置くだけで、農業が始められる

1台から始められ、市販のホースで連結するだけです。
施設栽培・植物工場のような高額な設備投資や維持費は必要ないため、被災したとしても立て直しが簡単です。
SoBiCの原理はシンプルなので栽培したい植物や目的、設置環境に合わせて筐体のサイズ(培地量)のカスタマイズができます。
電気が引けない場所にも設置でき、栽培終了後は土を入れ替えて連作もできます。
※専用カートリッジバッグを使用しない方法でも設置が可能です。詳しくはお問い合わせください。

SoBiC-PRO 深型モデル 幅125cmタイプ

簡易拡張型大量生産用コンプリートユニット 大規模生産事業用基盤の開発用の試験・検証キット
  • 希望小売価格
    (税込)
    38,500円
    サイズ 横幅約125cm × 奥行き約55cm × 高さ約30cm
    ※ポンプ内蔵型エアチャンバ-3点取り付け時のサイズです
    容量 約100~120L
    素材 再生プラスチック樹脂、塩ビ他
    重量 約12kg
  • 希望小売価格
    (税込)
    38,500円
    サイズ 横幅約125cm × 奥行き約55cm × 高さ約30cm
    ※ポンプ内蔵型エアチャンバ-3点取り付け時のサイズです
    容量 約100~120L
    素材 再生プラスチック樹脂、塩ビ他
    重量 約12kg

水位管理用ボールタップボックス

  • ホース(水道)などと接続して、SoBiC-PROに水を安定供給します。

    希望小売価格
    (税別)
    ニップル(ホース接続口)×1個仕様:8,250円
    ニップル(ホース接続口)×2個仕様:9,020円
    サイズ 横幅約37cm × 奥行き約23cm × 高さ約19cm
    素材 ポリプロピレン
    重量 約700g
  • ホース(水道)などと接続して、SoBiC-PROに水を安定供給します。

    希望小売価格
    (税別)
    ニップル(ホース接続口)×1個仕様:8,250円
    ニップル(ホース接続口)×2個仕様:9,020円
    サイズ 横幅約37cm × 奥行き約23cm × 高さ約19cm
    素材 ポリプロピレン
    重量 約700g

使い方

どんな場所でも1㎡から始められる

設置例(テスト運用レベルの設置例)

  • ※水平な場所に設置する条件です。

    【構成】
    ・SoBiC-PRO 深型モデル 幅120cmタイプ × 60台
    ・ボールタップボックス(ニップル2個仕様) × 10個

    【参考価格(税別)】2,182,000円
    ※設置・栽培環境やご要望、栽培する植物等により構成は異なります。
    ※培養土および、各部接続用ホース部材、送料、設置費用などは含まれておりません。

大規模導入に関しては別途お問い合わせください。

温室がなくても通年活用が可能

真冬でも培土全体が凍結しなければ、温室が無くても冬野菜の栽培は可能
※1:SoBiCのユニット内部は温度が下がりにくので、夜間に外気温がマイナス5度くらいになっても培地全体が凍結する事はほとんどない。東京より南の地域であれば冬季でも栽培できる作物の種類は多い。但し、日照が少ない場合は成長は非常に遅い。
太陽の光が届く場所なら「室内」や「温室」でも可能です
その場合、温度調節などにかかる光熱費を大幅に節約できます

生産能力

小規模・短期間でも超高効率の生産設備が簡単に造れる

農業生産効率を10倍にする!

SoBiCなら
陽が当たる場所ならどこでも最大面積効率で設置可能
益々深刻化する食糧危機に対して、最もスピーディで効率よく応え、消費者には安心・安全な作物を提供できる
様々な業種で試験導入が始まっています

導入事例

北川村振興公社様(北川村スマート農業実証コンソーシアム代表機関)
  • 【設置場所】高知県
    【利用目的】
    農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」
    課題番号:果 2G07、課題名「柑橘類の超省力・早期成園化実証を通した持続的中山間農業構築モデル事業」において、ゆずの幼木の省力管理・促成栽培技術の実証にSoBiCを活用。
    詳細はこちら
    ※本実証は事業主体である、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機関の支援により実施しています。
  • 【設置場所】関西
    【利用目的】
    高生産性・高収益の農業実践教育での活用(都市型農業の実習に利用)
大手酒造メーカー様
  • 【設置場所】関東
    【利用目的】
    良質で安価なワイン用ぶどうの生産
株式会社シーテック三重支社様
  • 【設置場所】中部地方
    【利用目的】
    「シカ不嗜好性植物の促成栽培技術の検証」
    不嗜好性植物:シカが全く採食しない、あるいは採食したとしても他の植物よりも相対的に採食の頻度が少ない種。
レジャー系施設会社様
  • 【設置場所】関東
    【利用目的】
    運営する施設の草食動物の餌となる牧草の促成、連作栽培におけるSoBiC検証、混合原料の検証にSoBiCを活用

SoBiC-PRO 培土カートリッジバッグ

色々な栽培生産が可能に
アイデア次第で生産効率を更にアップも可能
  • 標準培養土
    培土素材
    (可燃素材のみ使用)
    ココピート、籾殻、有機質肥料
希望の作物に作物に応じてオリジナルブレンドの培土も提供します

タネ/苗植えパターン

給水チューブの配置

【ご留意事項】
一株の植付けに対して土の量が多いほど生育は安定します。面積当りの生産効率を検討の上、柔軟に植付けパターンを設定できます。

SoBiC果樹園システム

理想的な栽培生産環境を簡単に造れる

ラインナップ

※製品リニューアル中です

ビジネス・エンジンの提供

高付加価値の成長産業を創る!

モデル例1

都市部の陽当りの良いスペースを利用した高付加価値のビジネス展開例
オフィスの窓際・屋上でSoBiCを活用した有機農園で雇用を創出
・屋上緑化の義務化への対応・助成金を活用
・簡単な農作業は障がい者雇用・高齢者を活用し植物の収穫や掃除を担当
・社会福祉に貢献
労働人口の多い都市部で害虫リスク・災害リスクなく栽培ができる。
人手の確保もしやすく、物流コストの削減もできる。

モデル例2

SoBiCの自動栽培システムを活用した
飲食店での「今採れ」有機野菜・貸農園サービスの提供

  • いまどれ野菜の調理演出

  • 貸農園として貸し出すことで
    来店の動機付けにも
他店にはない体験型サービスでレストランの付加価値を創出する

STEP1 フタの取り外し 

オフィスの窓際・屋上でSoBiCを活用した有機農園で雇用を創出